【毎週土曜 百姓の実践】今週の予定/7・8月の予定

7/31 活動内容(キャンセル待ちで受付中)

カブトムシの罠作り!

午前:夏野菜の収穫→にんじんの種まき、田んぼの定点観測→畦草刈り
午後:里山にカブトムシのわなをしかけよう

※午前中の活動では田んぼに入りますので、長靴の準備をお願いします。
※棚田、里山での活動では怪我などを防ぐために長袖長ズボン軍手で活動します。
※熱中症対策としての、帽子、タオル、多めの水分をご用意ください。
その他、HP記載の持ち物をお忘れなくご用意お願いいたします。
※参加者数増のため、夏野菜はご参加者全員分の分量は収穫できないことをご容赦ください。

現在はちょうど夏の「土用」の期間ですが、暑さは続きますが、暦の上ではいよいよ秋を迎えます。畑や田んぼでの作業も、それに合わせるかのように秋冬野菜の準備や、稲の収穫に向けた準備に変わっていきます。

まず、午前中は畑にて夏野菜としてピーマンやナスを収穫します。その上で、秋冬の収穫に向けてニンジンの種まきを行います。

続いて、田んぼに移動して「定点観測」を行います。定点観測というのは、毎年ある日付を決めて、同じ場所で写真を撮ったり、稲の分けつ数などを数えることをいいます。8月になれば、稲は穂を付け出しますが、今年の収穫量というのは、おおむね7月までの分けつ数で予測することができます。大きくは、それぞれの稲の分けつが20本以上になっていれば、今年の目標である、「畝どり(せどり)=百姓塾の田んぼなら420kg」が実現します。逆に言えば、分けつがすべて20本を超えていなければ、畝どりは難しいともいえます。つまり、今回の「百姓の実践」でみんなで稲の分けつ数を数えることで、今年の収穫量を予測するという、重要な回となります
来年以降も、7月31日近辺での定点観測を予定していますが、今年はその第一回目となります。

その後、午前中の余った時間で、田んぼのあぜ道の畦草刈りも実施します。

午後は、畑の一段上の里山の雑木林に、カブトムシやクワガタなど昆虫を捕まえるわなを仕掛けます。
果物や焼酎などを使って作るわなの作り方を学んで実際に作成し、それを雑木林などのクヌギなどにしかけます。31日(土)はわなの作り方を学んで仕掛けるまでが課題となるので、その日にカブトムシやクワガタが見つかるかは不明ですが、運がよければ出会う可能性もあります(昨年は見つかりました)。8月1日の午前中には、実際に仕掛けたわなにつかまっているかを確認に行く予定です。

7/31(土)の企画はキャンセル待ちで受け付けています!

8/1 活動内容(キャンセル待ちで受付中)

あちこちを探検してみよう!

午前→カブトムシが捕まったか確認しよう!自然の素材を使って、田んぼのかかしを作ろう!

午後→佐保川に探検に行こう!

※午前はかかし作成にあたり、寄付してもかまわない古着や帽子、タオルなどございましたら各自ご持参いただけると助かります。(かかし作りの材料となります)

※午後は佐保川に入りますので、水着など水に入ってもかまわない服装のご用意、ならびにウォーターシューズやサンダル、そして着替えなどのご用意をお願いいたします。

※佐保川では魚を捕まえるペットボトルのわなをしかけます。可能であれば、同じ形のペットボトル2本(2リットルがお勧め)をご用意ください。

※HP記載のキャンセル規定に基づき、日曜日開催のお申し込み&無料でのキャンセルはその前の金曜日まで(7月30日(金)まで)となります。

前日に田んぼの「定点観測」を行い、今年の秋の米の収穫量の予測を立てましたが、その収穫量を実現するためには、これから実りの時期をむかえるに当たり、いかに鳥獣害の影響を低減できるかが重要なポイントの一つとなります。それに向けて、自然の素材を使ってみんなで「案山子(かかし)」を作成します。

午前中まずは昨日しかけたカブトムシのわなに実際カブトムシやクワガタが集まっているかを確認します。その後、その雑木林にて、案山子の材料となる竹を伐採します。

その竹を骨組みとして、稲わらやみんなで持ち寄った古着などを活用して、それぞれ案山子を作成していきます。

案山子自体は、日本のみならず世界中でもその風習が見られますが、日本では「田の神」として田を守り、稲の生育を守り、稲の収穫が終わるとまた山に帰り山の神になると信仰されてきました。そういった日本人の精神基層文化にも触れたいと思います。

午後は、7月にも釣りに行った「佐保川」を探検します。今回は釣りがメインの課題ではありませんが、まずは室内で佐保川に仕掛ける魚取りのペットボトルのわなを作成します。

その上で、みんなで自分やみんなの安全を守るための危険箇所の確認や、チームでどのように協力し合うかを追求して、みんなで安全を守りながら、佐保川に棲む生物などを探しつつ、佐保川の探検を実施したいと思います。

8/1(日)の企画はキャンセル待ちで受け付けています!

【毎週土曜企画 百姓の実践】7月・8月の予定

農業はそれまでの気候、生育状況、当日の天気によって作業内容は変動しますが、今後予定しているメニューを紹介します。【各回定員30名】

毎週土曜「百姓の実践」のお申し込み期限は、各企画2日前の木曜日中です。

既に、キャンセル待ちの日もございます。お早めにお申し込みください。

7/31(土)
カブトムシの罠作り
午前:夏野菜の収穫
午後:カブトムシの罠を作って山にしかけよう
8/1(日)
あちこちを探検してみよう!
午前:カブトムシの捕獲&かかし作り
午後:佐保川探検
8/8(日)
秋・冬野菜の計画を立てよう!
午前:作付け計画&夏野菜の片付け
午後:販売に向けた商品計画&開発①
8/15(日
お休み
8/22(日)
夏野菜を収穫しちゃおう!
午前:夏野菜の収穫&秋・冬野菜の種まき
午後:販売に向けた商品開発&作成②
8/29(日)
秋・冬野菜の種まきをしよう!
午前:秋・冬野菜の種まき②
午後:販売に向けた商品開発&作成③

料金のご案内

じっくり活動できる《一日参加》、
予定と調整しやすい《半日参加》が選べます!

対象 年中〜中3
日程 毎週土曜日
活動場所 箕面市粟生間谷の山林など
集合・解散 彩都学舎4F/類子屋本部(南方駅前学舎)1F入り口
時間 【一日参加】 9:00〜17:00
【半日参加】 午前の部:9:00〜12:00/午後の部:14:00〜17:00
料金

【一日】月参加: 30,000円/月
1回のみ参加: 10,000円/1回
【半日】月参加: 15,000円/月
1回のみ参加: 5,000円/1回

・表示価格は消費税込みの価格です。
・場所などは変更になる場合がございます。
・保護者さまもお一人につき上記料金で参加できます。
・「遊学舎」でお預かりコースをお申し込みの方は、3割引でご参加いただけます。
・年中は、安全面・体力面を考慮し、ご参加可能かを判断させていただきます。

お申し込み方法

ホームページからお申し込みください。

キャンセルについて

■ 毎週@彩都の「百姓の実践」

企画当日の二日前まで(土曜開催なら木曜中) キャンセル無料
企画当日の前日(土曜開催なら金曜中) 参加費の50%
企画当日 参加費の100%

ご参加の方へ~当日のしおり~

当日の流れ

①集合【彩都学舎か類子屋本部】
 ※集合時間は下記
 ※南方集合の方の交通費は下記
②午前の活動 9:00~12:00
③昼食
④午後の活動 14:00~17:00
⑤解散【彩都学舎か類子屋本部】

集合・解散について

集合・解散の場所は、彩都学舎4F(表:)、類子屋本部(南方駅前学舎)1F入り口(表:)です。

  集合 解散
1日参加 彩:9時
本:8時
彩:17時半ごろ
本:18時半ごろ
【半日】午前の部 彩:9時
本:8時
彩:12時00分ごろ
本:14時ごろ
※彩都学舎で昼食(持参)を希望する場合は13時ごろ解散になります。
※南方解散の場合は彩都にて昼食(持参)を食べてから移動します。
【半日】午後の部 彩:14時
本:13時
彩:17時30分ごろ
本:18時半ごろ

南方集合の交通費について

西中島南方から彩都までの交通費は自己負担になります。
原則電車での移動となるため、行きと帰りの交通費(もしくはIC系カード)をご持参ください。
交通費は自己管理となります。紛失のないようご注意ください。

【ルート】西中島南方→(御堂筋線)→千里中央→(大阪モノレール)→彩都西

子供 片道運賃 400円
大人 片道運賃 780円

※経路は阪急線への変更などを行う場合があります。(料金は不足しません)

持ち物について

【必須】 長袖、長ズボン、帽子、水筒、タオル、軍手、着替え、雨具(カッパ)、昼食
【必要があれば 】長靴(なければよごれてもいい靴)、虫除けスプレー、熱中症対策グッズなど

雨天などの対応について

若干の雨などの場合は実施します。 (屋内企画などに組み替え)
暴風警報など荒天の場合は【前日金曜日19時段階で】中止判断し、各ご家庭にご連絡します。

緊急連絡先

当日(土曜日)のみ連絡可:090-8887-3603(担当:千葉 または 大島)