仕事って楽しい!「楽しく働いている人」ってどんな意識?

2021.10.28

仕事って「しんどい」イメージ、ありませんか?
実は仕事って本当は「楽しいもの」なんです!!

実際に社会で働く人の中には「しんどそうに働いている人」と「楽しく働いている人」がいます。
では、「楽しく働いている人」はどういう風に働いているのでしょうか?

類グループの設計事業部には、経験豊富なベテラン勢が集まる「監理室」があります。
毎日それぞれの現場に行って、建設工事の品質管理・安全管理・工程管理など、施工者と一緒に現場の最前線で仕事をする部署!

工事現場では、「大雪が降ってきて工事が予定通りに進まない!」「設計段階では想定できない問題があり、設計図通りには上手く納まらない!」、「予定していた材料が納入されてこない!」など、毎日刻々と変わる現場状況や想定外の状況に合わせて、設計変更を余儀なくされることもあり、なかなか思うように進みません。
だからこそ、「現場でどんなことが起きて、どうしたら乗り越えられるのか」を毎日仲間に発信して、フィードバックし合うことが必要不可欠!

 

そんな監理室で働く社員のある一言を紹介します!

現場状況は毎日変わる。それにどう適応するか。ドキドキしながらも頭を使って追求する。時には仲間の知恵も借りて解決する。仕事はこれだから面白いし、やめられない。もはや、仕事は大人の遊びです♪

そう!学校の勉強の延長線上で仕事をしても、全然上手くいきません!
それは、設計でも遊学舎でも、本科での仕事でも同じ!
「どうしたら子どもたちが成長するかな」「こう言った方が分かりやすいかな」や「こういうとき、どうしたらいいの?」など、一人で考えるのではなく、仕事仲間と一緒に追求することが本当に大切!仕事は、想定できないから面白い!楽しい!

みなさんも私たちと仕事仲間になりませんか?

仕事塾についてはこちら