【○○を使ってイメージ!】~文章題を絵で描く~

みんな苦手な算数の文章題が得意になるには、どんなことをすればよいでしょう?
問題をたくさん解く!でしょうか?

実は、“右脳を使ってイメージする力”なんです。

今回紹介するメニューは「文章題を聞いて絵で表す」です♪

計算の文章問題を、文字を見ずに耳で聴いて絵や図に描き、答えを出していきます。この時、計算式は使いません。また、絵を描くのは頭の中を整理していくためなので、時間をかけずに短時間でやりきります。

聴覚を使ってイメージすることで右脳を解放し、決められた時間内で絵に描くことによって思考を整理します。
更に、どう考えたかという思考の過程を人に説明することで言語能力を鍛えます。
それもただ説明すればいいのではなく、相手に伝わるにはどうする?という相手発の気持ちで言語化することを促します。

このメニューを通して、【右脳解放】・【イメージ力】・【思考を整理する力】・【言葉化する力】・【伝える力】が鍛えられます。

数字だけをあてはめて式を立てられて終わりでは、全体の構造をつかめておらず一部分しか見ることができていない、つまり左脳のみで実は頭を使っていません。
それではいずれ難しくなったときに、できない、やれない、という声に繋がります。
右脳を使ってその情景を思い浮かべることができるということが、現実と結びついて実感となります。

そして、みんな苦手な文章題が、楽しく得意になってしまうのです!