仕事塾でどんなことをしているのか紹介♪

こんにちは!仕事塾に入っている高1のHです。
仕事塾ではどんなことをしているのか紹介していきます♪

<こんな仕事をしています!>

仕事塾では、子供の楽しめるメニューで楽しく力をつける「幼小科」の授業をしたり、子供たちを預かる「遊学舎」で一緒に遊んだり、子供たちと一緒に色々な事を追求する「幼小探求」の授業をしたりします。
仕事塾生は学年の壁がなく、皆でワイワイ楽しみながらお仕事しています。

<仕事塾ではこんな力が身に付きます!>

★段取り力
仕事塾では、仕事の前にミーティングをして、自分達は今日どう動いていけばいいかをみんなで決めて、行動します。
仕事塾生間で「遊学舎」に入る人、「幼小科」に入る人、というように役割分担をしたり、来られない日を考えてスケジュールをくんだりしているので、段取り力が身に付きます。

★同化力
仕事塾生の中には、小・中学生にしてお預かりしている子の保護者様との面談の場に参加している子もいます。そこで日頃の様子をお伝えしたり、おうちでの様子をうかがう中で、その保護者の方々が私達に何を期待して預けてくれているのかなどを、相手に同化して汲み取る力が身に付きます。
他にも預かっている子の表情などでもっとこうしていこう!という発見もたくさんあります。

★みんなで追求して壁を乗り越える
仕事塾で仕事をしていると色々な壁にぶつかることがあります。
遊学舎で複数人の子供を預かるとき、やりたい遊びがそれぞれ違うことがあります。
でも、遊学舎に来たならみんなで一緒に遊んだほうが楽しいし、子供たちの人間力もあがる。
そういう壁にぶつかったときは、仕事塾生と遊学舎生みんなで遊びを考えたりします。
みんなで考えると楽しくなって、全員が笑顔になれます。

仕事塾内でわからないことは、年が上の子が助け合ったりします!
小学生の仕事塾生の育成も仕事塾の先輩たちが担当しています!
仕事塾生たちの連携でこれからもいい仕事をみんなで出来るように頑張っていきます♪