【11/2】秘密基地作り(2回目)、たまねぎの定植、ねじねじを作ろうなど[自然百姓塾]

午前中:秘密基地作り(2回目)

竹林で竹を切って、物干し台作りに挑戦しました。どうすれば安定した物干しが作れるか、竹の長さや足の本数など試行錯誤して完成させました。

また、竹を材料にして秘密基地の中で使うイス作りにも取り組みました。今回は、材料の切り出しまでで、次回組み立てていきます。
2つ目の秘密基地を作る場所を確保するため、草刈りをしました。

午後:たまねぎの定植、ねじねじを作ろうなど

タマネギの苗を植えました。苗と苗を15センチ間隔で植えていき、植えた後には籾殻と酢を数百倍に水で薄めたものを撒きました。

次に、自然農法を40年やっている三浦さんが考案した「ねじねじ」を作りました。地面を十字に掘り、そこに竹炭を撒きます。ススキを軸にして稲わらを右回り、左回りに巻き付けます。それを5つ作って東西南北と上下に置きます。畑の土に埋めると、土を柔らかくし、病害虫が付きにくくなる、作物の成長が良くなるなどの効果があると報告されています。

その他に、カブの葉に付いた虫を取り、ジャガイモの脇芽を取ったりしました。

また、畑の裏山を探検し、新しい秘密基地を作れそうな場所を見つけられました。