【2月27日】田んぼの開墾&獣害対策をしよう!![農業体験+自然体験]

午前:【田んぼの開墾】お米を守るために獣害対策をしよう!

前回20日(土)の課題を通じて、田んぼに水を引き始めることができました。春からの米作りに向けて、徐々に条件が揃いつつある状態です。

続いて必要になるのが、イノシシ、鹿などに対する獣害対策!
実際に、田んぼを開墾していると、鹿やイノシシの歩いた足跡や、糞なども見られます。
その対策として、今回は田んぼの周りに電気柵(ゲッターエース)を設置しました。

まず、電気柵の設置について学びます。

材料を確認し、

周囲約200mの田んぼに、等間隔で杭を打ち込んでいきます。

その後電線をめぐらせて行き、最終的にしっかり電流が流れているかもチェックしていきました。

みんなで協力しながら、ひとつの回線としてつないだ3段の電気柵。最後に電源を入れて電流が流れていることを無事確認できたときは、みんなの歓声があがりました!

↓↓↓電気柵設置前の田んぼ↓↓↓

↓↓↓ 電気柵設置後の田んぼ! ↓↓↓

午後:畑の獣害対策をしよう!

午後は、畑でも獣害対策を行いました。畑でも一年以上にわたって野菜を栽培する中で、少しずつ獣に葉っぱを食べられるといった状況が出てきています。

特に葉っぱを食べられやすい果樹や小麦などに対して周りをシートで覆うなどの獣害対策を行っていきました。

今回の課題を通じて、自然環境の中で動物たちの性質を理解し、うまい付き合い方も学べたのではないかと思います。