類学舎の最新情報

類学舎とは

学校に代わる新しい学び舎
類学舎は全日制です

初等部(小3〜)・中等部・高等部

追求+仕事でたちまち蘇った子供たち

10才までの子供の仕事は遊び

遊びを通じて、人間力・関係力・追求力など、必要なすべての能力が形成される 近代までの子供の遊びは、ほとんどが大人の仕事の真似ごとでした。それは、哺乳類の本能だからで、例えば子犬のじゃれ合いも闘いの予行演習になっています。つまり、遊びは仕事に繋がるようにできています。ですから、遊びを通じて、人間力、関係力や追求力など、仕事に必要なすべての能力が形成されていきます。

本当に必要なすべての能力は、現実の圧力の中で形成される 既存の学校空間は外圧から遮断された閉鎖空間なので、現実を認識する能力も、現実を生き抜いていく力も、ほとんど形成されません。したがって、教育の中に仕事を取り入れることが不可欠であり、この仕事の圧力の中で、生きていく上で必要なすべての能力が形成されていきます。

カリキュラム

半業半学のカリキュラムで活力と追求力を再生します。
遊びが特に重要な小学生は、外遊びも毎日取り入れています。

1日のスケジュール

◎小・中学生は、学校に1日も登校しなくても在籍校から卒業証書をもらえます。
◎中・高生は、高認に向けての勉強に取り組み、東大・京大を目指します。

生徒・保護者さまの声

たった1日で生き返った生徒たち
活力の源は仕事収束のエネルギー

類学舎で現実の圧力に触れた生徒たちは「みんなの役に立ちたい!」とまっすぐ仕事に取り組み、どんどん活力を再生しています。その変化は、保護者さまやこれまで指導してきた学校の先生も驚くほど!
生徒たち自身が類学舎に来て実感したこと、保護者さまや学校の先生方からいただいた声をご紹介します。

【生徒の声】無活力だった学校生活から激変!

学校にいるときは、目標を失い、ただその日その日を通り過ぎるような生活だった。それが今では密度の濃い毎日で、「もっと時間がほしい!」と思うくらいになった!(高1男子)

学校に行っているときは身体は楽だったかもしれないけど、結局、疲れる。相手のためにと動けば動くほど活力が循環して、心も身体も元気になることが分かった!(中3女子)

将来何になりたい?って聞かれてもうよく分からなかったけど、類学舎で仕事をするようになって分かった。僕は、みんなの役に立てる人になりたい!(小5男子)

【保護者さまの声】活力を再生し笑顔も増えた!

類学舎に通うようになって、朝、自分で起きて通うようになったし、家でもこちらから聞かなくてもその日のことを話すようになりました。
ついこの前まで、どんなに頼んでもやらなかった洗濯物の取り込みを、自分で雨が降りそうだからと取り込んでくれていたことも!
何より元気になったことが一番よかったです!
(中3生 保護者さま)

息子の一番の変化は「自信が出てきた」ということですが、現実の仕事を通して真っ当な人間関係に触れ、受け入れられる体験をしたことが大きいと思います。類学舎に入ってからできた仲間は、仕事を通じて現実の圧力の中で過ごす仲間だからこそ、ぶつかり合っても分かり合えてそれが絆になるということなのではないかと、今の息子の笑顔から感じています。
(小5生 保護者さま)

見学された公立中学校の先生も絶賛!

数年指導してきても活力が上がらなかった生徒が、類学舎に来てたった1ヶ月で大きく変わったことに本当に驚きました。探求の授業もレベルが高く、学校ではこのレベルは真似できない。
他のフリースクールなどとは質が全然違い、別格だと感じました。